映画・国内海外ドラマ・VOD・テレビなど動画関連情報を提供するサイト MOO-VEEN

MOO-VEEN

映画「TENET テネット」のあらすじ(ネタバレ無し)と感想!

2020年9月8日

今、最も注目している映画「TENET テネット」は、「ダークナイト」「インターステラー」「インセプション」でおなじみのクリストファー・ノーラン監督の最新作。

デンゼル・ワシントンの息子「ジョン・デビット・ワシントン」主演、現在から未来に進む「時間のルール」から脱出して、第三次世界大戦の危機から救うというミッションを遂行する国際スパイの話。

日本では2020年9月18日(金)から公開という事で、公開初日に映画館に観に行ってきたので、まずはあらすじを確認してこう!

あらすじ

ウクライナのオペラハウスで、テロリストによる占拠事件が勃発。多数の人質を救出するため、特殊部隊が突入。

特殊部隊員に紛れ込んだ主人公の”名もなき男”は、オペラ会場でスパイの仲間の救出に向かうも、テロリストに捕まってしまう。

仲間の秘密を守る為自ら毒入りカプセルを飲むが、なぜか毒が鎮痛剤にすり替えられていた。

しかしこれは特殊任務の為のテストだったという。主人公はその素質と忠誠心を買われ、特殊テストに合格し謎の組織に加入させられる。

同時に「時間の逆行」を可能にする装置が未来から送られて来た事を知らされ、第三次世界大戦を阻止するミッションを課せられる。

生きて戻れるか分からないミッションを成功させるには、人類が信じ続けてきた時間のルールから脱出して、時間に隠された秘密を解き明かさなければならない。

黒幕はだれなのか?特殊任務の目的は?主人公自身もわからない中、その謎を解明しながら任務にあたる。

それには「テネット(TENET)」の使い方が重要なキーとなり、その使い方次第で自分を守れたり、危険にさらされたり、ひいては未来が変わるという。

謎ばかりの任務の中、主人公は少しずつその謎を解き明かしていくのであった。

予告動画

予告動画:スペシャル予告

映画「TENET テネット」の感想

とにかくこの映画は、1度観ただけではそのすべての意味や繋がりが理解できない人が多いだろう。私もある程度予習をして臨んだが、正直50%くらいしかついていけなかった。

「TENET テネット」という言葉は「信条、主義、原則」を意味する単語であり、使い方次第で「未来や主人公の生還や危険」が変わるキーワードとなる。

映画の中でも出てくる「頭で考えず、感じて」という言葉は、ブルース・リーの有名な言葉「Don't think! Feeeel!」を彷彿させるが、主人公はこの言葉どおり、考えずに感じながら進んでいく。

また、時間が逆行しているので「なにが起こった?」のではなく、「これから起きる」という恐ろしさ。時間を逆行する人と順行する人との戦い。

とにかくクリストファー・ノーラン監督らしい、謎に包まれた映画「TENET テネット」は、不思議な世界感たっぷりの映画であり、結末を観た今も理解しきれていない部分もあり、映画館で観る方は、一字一句逃さず観る事をおすすめする。

映画館で観るテネットはアクションなど純粋に楽しめる要素もあるので、映画館で1度観て、後日動画配信サービスで、繰り返し観る事で過去との繋がりやその意味を理解して楽しめる映画と言っていいだろう。

-映画

Copyright© MOO-VEEN , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.