映画・国内海外ドラマ・VOD・テレビなど動画関連情報を提供するサイト MOO-VEEN

MOO-VEEN

映画「浅田家!」のあらすじと感想(ネタバレ無し)

今話題の、嵐の二宮和也さん演じる「家族」を撮り続けた写真家と、彼を支え続けた「家族」の実話に基づく邦画『浅田家!』は、2020年10月2日(金)から全国公開でされ、久しぶりに邦画の心地よさと感動を味わいに、映画館に行ってきたので、まずはあらすじを確認してこう!

あらすじ

主人公の浅田政志の父は、政志が幼少の頃から兄と二人の写真を取り続けていた。そんな父から誕生日にカメラをもらった日から政志のカメラ人生が始まった。

政志はカメラの専門学校へ行くも、ぐうたらな生活から卒業単位がギリギリとなり、最後の卒業課題で最高の写真を撮らないと卒業ができない状態に追い込まれた。

卒業課題写真のテーマとして先生から言われた言葉は「人生であと1枚しかシャッターを切れないとしたら何を撮る?」

その言葉を受けて政志が選んだテーマは「家族」。

その作品で見事卒業を果たし、紆余曲折しながらもカメラマンとなった政志は、家族4人を被写体に「家族がなりたかったもの」「家族でやってみたいこと」をテーマに様々なシチュエーションでユニークな家族写真を撮影し、1冊の本に仕上げた作品が、写真界の芥川賞と呼ばれる木村伊兵衛写真賞を受賞し、家族写真のカメラマンの道を進み始めたのだった。

そんなある日起こったのがあの東日本大震災。政志は初めて家族写真を撮った家族が住む岩手県へ安否の確認へ向かうも、そこで目の当たりにしたのは、大切な家族や家を失った人々の姿だった。

政志はそのまま現地で、被災者達の家のガレキからみつかる写真を洗って返却するというボランティアをつづけるのであった。

家族を撮り続ける政志と、その政志を支え続けた家族と、東日本大震災の被災地でのボランティア活動の中での実話は、涙と感動で胸いっぱいになる作品となっている。

映画「浅田家」動画集

特別プロモーション映像

映画「浅田家!」TVCM 感動編

映画「浅田家!」特報

映画「浅田家」の感想

個性的な家族というか、個性的な「政志」に巻き込まれ、政志を愛するやさしい家族が、政志のワガママに付き合い政志を支え続ける家族の愛情。

自分が家族に支えられている事がわかっているからこそ、その家族の良さを写真という形に残したいという気持ちが、政志の写真にあらわれて、政志の家族写真を撮る原動力となっているのではないだろうか。

どこにでもある家族のほのぼのとした雰囲気や、政志の家族や周りの人たちの温かさ、またそんな大切な家族を東日本大震災で失った人々の悲しみや、それを助ける人達の温かさなどの感動が入り混じって、胸いっぱいになる作品となっている。

是非映画「浅田家」を観て、感動で心を洗い流してはどうだろうか。

-映画

Copyright© MOO-VEEN , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.