映画・国内海外ドラマ・VOD・テレビなど動画関連情報を提供するサイト MOO-VEEN

MOO-VEEN

『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』どんな映画?ネタバレ無しの感想!

2020年2月20日

「10年で最も愛すべき映画」と評される映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』。

2019年3月に開催された映画祭「サウス・バイ・サウスウエスト(アメリカ)」でお披露目になり、観客賞を受賞!同年8月にアメリカでわずか17館での公開という小規模でのスタートにも関わらず、公開6週目には、1490館にまで拡大されるという大ヒットを記録!

感動の大作という事で、さっそく映画館に見に行ってきた!!

笑いと涙にあふれるハートフルストーリーな映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』を紹介しよう!

ストーリー

老人の養護施設で暮らすダウン症の青年ザックは、プロレスラーになることを夢見る少年だった。

ある日、プロレスラー養成学校に向かう決意をし、養護施設を脱走した。

道中に、ツキに見放され兄を亡くし失意の毎日をすごしていた漁師のタイラーと偶然出会う。タイラーは、自分と同じ「追われる身」である事を知り、純粋な心のザックを見捨てられずに、行動をともにすることに。

ザックを探しに追ってきた養護施設の看護師エレノアに見つかり、

なんとか連れ戻そうとする彼女も

説得の末2人の旅に同行することに。

人生で一度きりの特別な旅は、想像もしなかった冒険へと変化し、

ひとつの「夢」が奇跡を起こす

「友達ってのは”自分で選べる家族”だ」

そして、三人の関係は次第に深まり心を通わせていく。

ザ・ピーナッツバター・ファルコンの「みどころ」と「感想」

ザックの純粋な心とまっすぐな気持ちに、兄を亡くしたタイラーの寂しい心が癒やされていき、ザックの夢を応援する旅が三人の心をひとつにしていく暖かいストーリー。エレノアとタイラーの微かに見える恋心も見どころのひとつといえる。

派手な演出や、驚きの展開や衝撃のラストなどは期待せず、観る人の心を洗うような、緩やかであたたまる時間を過ごせる映画だ。

社会のストレスや人間関係に疲れた人、汚れた心を洗い流したいような人にオススメの映画と言えるのではないだろうか。

生きていく上での、ちょっとしたヒントがもらえる映画でした。

『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』キャスト

タイラー役:シャイア・ラブーフ

タイラーは、ツキに見放され兄を亡くして孤独な毎日を送る漁師。獲物を盗んでいたことがバレてボートで逃げる最中、ザックと出会い、特別な冒険の旅が始まる。

タイラー役のシャイア・ラブーフは、アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス出身の34歳。

2003年に『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』、2004年に『アイ,ロボット』など有名映画に出演し、2005年の『コンスタンティン』ではキアヌ・リーブスの相棒役として出演、2007年には大ヒット映画「トランスフォーマー」の主役として出演!

エレノア役:ダコタ・ジョンソン

エレノアは、老人施設の看護師。ダウン症のザックが施設を抜け出したため、あわててザックを探しに追いかけた先で、タイラーに出会い、二人に説得され旅にでることに。

エレノア役のダコタ・ジョンソンは、俳優ドン・ジョンソンと女優メラニー・グリフィスの間の娘で、アメリカ合衆国 テキサス州オースティン出身の30歳。

1999年コメディドラマ映画『クレイジー・イン・アラバマ』で映画デビューし、2010年に「ソーシャルネットワーク」2015年の「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」はオーディションで主役を勝ち取り、ヌードやラブシーンという難易度の高いシーンにもチャレンジしている!

ザック役:ザック・ゴッツァーゲン

老人施設で暮らすザックは、プロレスラーを夢見る青年。プロレスラーを目指してある日意を決して施設を抜け出し、冒険の旅に出る!

ザック役を演じるザック・ゴッツァーゲンは、自身もダウン症であり、映画スターに憧れる少年だったが、監督達の熱意で映画デビューすることに!

『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』のチラ見動画

予告編

本編映像:パーティ

本編映像:誘拐?

本編映像:散弾銃

本編映像:人生を楽しむ

特典映像

タイラー・ニコルソン監督・マイケル・シュワルツ監督は、ザックとの出会いは「障がい者向けのキャンプ」だった。

「映画スターになりたい」という夢を持つ、自身もダウン症のザック・ゴッツァーゲンは、8歳のとき監督に「映画に出たい」と直訴したという。

二人の無名監督が「ザックの為に書き上げた脚本」は、『リトル・ミス・サンシャイン』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』など多くの映画を生み出してきたプロデューサー陣がと「シャイア・ラブーフ」「ダコタ・ジョンソン」らの心を動かした。

『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』の感想まとめ

ザック・ゴッツァーゲンと二人の無名の監督との出会いから始まった映画「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」。

アメリカでの大ヒットから日本にやってきたハートフルストーリーは、日本人の心にどう刺さるのだろうか?

-映画

Copyright© MOO-VEEN , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.